スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜ヶ丘モラトリアム

銀座でやる展示イベントZOON 1st exhibition [hpa (hectopascal)]用のオリジナルアニメーションの制作が、無事終わりましたー。
やほーい!
ほとんど監督に任せっきりだったんだけど、正直しんどかった。
自分の体力の無さにビックリした。情けなかった。
制作期間1ヶ月の中で切り詰めての作業だったから、切羽詰っちゃってなにかとスタッフの皆さんにはご迷惑をおかけしました。サーセン
今回の作品を作っている中でわかりました。自分作画監督にはむいてないッス笑
もうちょっとこだわったり自分の絵柄出せば良いとこだったりとか、妥協でok出しちゃうんす。作品の完成を第一に考えてしまって。完成しなかったらどうしよう!ってなっちゃうんですよね。それじゃイカンと思いました。その分遅くまで起きて作業して直せば良いのに明日朝早くから仕事だーとか次の日の事ばかり考えてしまった。
あぁ目の前にざんげちゃん(かんなぎ参照)がいたら100円払って懺悔を聞いてもらいたい…笑

まぁ、なんだかんだ言ってちゃんと完成した本作品。
おとついスタッフだけで試写会を行いました。でっかいスクリーンで観ました。ヤバカッタ!
思ったよりも絵コンテでのイメージよりも凄く良い出来になっていました。監督の力量のおかげですな!明らかに作画が追いついてない感が否めませんでした…。トホホ
観終わった後に、なんかもう脱力感ですぐに言葉が出てきませんでした。キモイなー俺。
でも最後にはとても清清しい(きよきよしいではありません)気持ちになりました。尺も6分ってなだけあってかとっても観やすい作品になっております。是非是非ご来場の際はお立ち寄り下さいませ!



サムネ
■作品名:桜ヶ丘モラトリアム(2009)
■製作:STUDIOカサブタ
■尺:5分
■声:ツナ缶
■監督・脚本・編集:齋藤遼介
■制作・撮影:トマト
■総作画監督:トマト
■動画:たら子 ツナ缶 柚桐ななみ Nk2 トマト
■美術監督:ポンティ トマト イベリコ
【作品について】
2009年3月11日~15日、銀座J trip art GALLERYで行われるZOON 1st exhibition [hpa(hectopascal)]にて上映。
(http://www.jtrip-118.com/)
【物語】
今日はどこまでも行ける気がする。
150円切符で、どこまでも。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。